過酷すぎる絶景すぎるラダックへの道

LINEで送る
Pocket

マナリから約24時間かけてバスで

ラダック・レーへ到着しました。

正直に言いましょう。

道中は絶景しかありません。

そしてもうひとつ

床ずれしました。

 

 

インドのマナリからレー・ラダックへの道は

絶景があると聞いてました。

が、うそです。

絶景しかありませんでした。

 

 

マナリから夜中2時発のミニバスに乗り込み

いきなりぐんぐん山道を走り標高を上げていきます。

この日は満月の翌日で

雪を被った山肌が月明かりで綺麗でした。

途中のトイレ休憩でも星が空に広がっていました。

 

 高山病の心配から深く呼吸をして

息が浅くなるためあまり眠らないようにしてました。

水もたくさん飲んだほうがいいです。

ただバス移動はトイレが怖いのです。

膀胱炎 VS 高山病

の図が頭の中に出来上がり、

高山病が勝利しました。

野ション覚悟で水分がばがばです。

 

DSC_3631

夜が明けてチェックポイントで朝食。

前日に日本食レストランで

おにぎり握ってもらったので

感動の朝ごはんでした。

 

DSC_3634

日が出てくると寒さも和らいできます。

というか日差しがきつくて暑くなってきます。

 

DSC_3641

羊、ヤギ、馬の障害に出会いつつ

 

DSC_3646

時々ちょこっとオフロードだったりします。

頭を窓にぶつけまくってインド人に心配される程度のオフロードです。

時々バスの揺れで『オーマイガー!』って声がきこえる程度のオフロードです、

 場所によっては崖下に落ちるかと思った程度のおふ…

つまりは悪路です。

高山病と掛けあわせて、吐く人は多いみたいです。

DSC_3684

ゲロワゴン

私達のバスでは吐く人もおらずみんな元気そうでした。

まさ兄以外は。。。

 

バスの中からの撮影がほとんどなので

何度もバスを止めたい衝動に駆られます。

 

DSC_3662

ここはパズーがいそう

 

 

だんだん植物が少なくなってきます。

DSC_3724

 

乾燥も激しくてホコリがすごい。

DSC_3704

 

乗用車でもがんがんオフロード行ってます。

DSC_3707

 

そのうち森林限界を越えて山が近づいてきます。

車をチャーターしたら高そうだけど

止まりたい場所で止まれるのは羨ましい。

DSC_3732

 

突然絶景が現れたりします。

DSC_3743

 

トイレは物陰を覚悟してましたがちゃんと?ありました。

これ以降は青空トイレと星空トイレになりましたが。

DSC_3762

 

 どこまで行っても絶景が終わらないのです。

 

チベットというよりモンゴルを思い出します。

ハエのいないモンゴルです。

DSC_3798

 

不思議な地形が次々と現れます。

DSC_3806

 

バイカーやチャリダーも多かったです。

ここをバイクで走ったら気持ちよさそうだなー

DSC_3843

 

凄いところへ来てしまったという感覚。

DSC_3865

標高が高いので空が近い。

絶景にシビれ続きます。

DSC_3876

 

 

突然カッパドキア。

DSC_3882

 

絶景は日が沈むまで続き

DSC_3901

 

道の最高地点、5000Mを超えた場所で20時くらいになってました。

DSC_3915

 

予定では夕方到着なのですが

車のトラブルなどもありつつ遅れました。

というか、順調に走っても夕方に着くような道じゃない。 

他の人も夜中到着になったと言っていたし。

 客引きの為なのかは知らないけど

最初から夜中到着と言ってほしい。

 

そんな感じで夜中の12時に到着し、

宿までの道でなぜか自分の足にひっかかり

小学生以来くらいの派手な転倒をし

カーゴパンツとタイツがビリビリに破れました。

膝の肉が…

ちょっとエグいので説明は省略します。

 

まさ兄に関しては完全に高山病でノックダウン。

頭痛と高熱と下痢…はいつものこと

着いて2日間介護してました。

 

そして私は高山病は大丈夫だったのに

現在は風邪と下痢になり

宿にお籠もりの状態です。

 

あいかわらず観光してません。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

観光しろやと激励を込めて

お見舞いクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「過酷すぎる絶景すぎるラダックへの道」への6件のフィードバック

  1. 床ずれというか、お尻対策として、私はエアー枕に少しだけ空気を入れて座布団代わりにします。
    空気をパンパンに入れると座れないので、少しだけ空気を入れるのがコツです。
    これで、お尻と椅子の間に空気が入っていることになるから摩擦が発生しにくいです。
    しかも、真ん中(首を通すところ)が凹んでいるので座っていてもずれにくく、しっかりとホールドしてくれます。
    いつも飛行機に乗るときにはこれやってます。
    エアー枕を持っていればですけど・・・。
    是非、お試しあれ~。

    1. tomoさん
      エアー枕悩んだ末に持ってこなかったんです(;´Д`)
      でもいいアイディアですね!帰りはブランケット挟んでお尻を守ります!

  2. ついにラダック入り、おめでとうございます。
    自分も明日、ようやくマナーリーに入り、そこから同じコースで15日ぐらいにラダック入りです。
    ラダックには22日か23日ぐらいまでいるかと思います。
    もしそのころまでいらっしゃったら、一度お目にかかりたいです。

    1. しょうさん
      おおー!近づいてきましたねwラダックには長居する予定なのでいつでもカモンでございます!

  3. 先ほどレー入りしました。
    メインバザールから西側に宿を取りました。
    Ree-yul Guest House というところです。
    レーにいる間に、ぜひ一度お目にかかりたいです!
    パンゴン・ツォからお帰りになったらよろしくお願いします。
    それにしても、やっぱりmitsukoさんの写真はきれいです。
    同じ場所を通ったとは思えない…。

    1. しょうさん
      写真お褒め頂きありがとうございます!
      現在一緒にご飯食べてますが!
      パンゴンツォは来年2周目で行きましょ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です