畳からフローリングのDIY

LINEで送る
Pocket

どうもどうも。

生きています。

最近はお庭の手入れや草刈りに必死ですが

猫のためにDIYした部屋を紹介します。

 

 

今回は

猫のため、ついては

エアコンを設置するため

梅雨前に作ったお部屋をご紹介。

2階には2部屋あり、

↑荷物を置いている6畳の部屋と

その横のリフォーム済みの8畳フローリングです。

その8畳にベッドとテーブル入れて

猫2匹と共に暮らしていましたが

横の部屋をどげんかせんといかん!

ということでDIY開始です。

上の緑の絨毯を剥がして畳を外します。

昭和49年の新聞が出てきました。

築40年ちょいと聞いていたような気が

話題のニューステレオ!!

そうですね、

大掃除中にアルバムとか漫画とか読み始めて

掃除進まない星の人間です。

気を取り直して畳を外します。

通常の2倍くらいの厚みがありそうな畳を

1階の部屋へ運びます。

隙間にはカメムシが大量に☆

心を無にして作業です☆

スッキリ!

ある程度のカメムシ恐怖体験はここで終わりました。

そしてここで押入れを外します。

障子の外側にあった廊下と部屋が繋がり

10畳ほどの部屋になりました。

根太の間に断熱材を入れて

合板をしいていきます。

ドリルやら丸ノコを使い

調整しながらなんとか板貼ります。

 

 

そして問題の壁ですが、

木がフニフニで壁紙も貼れないので

壁にも合板を貼ってしまいます。

床も壁も歪んでいるので

どうしようもなく隙間ができました。

専門家さんがが見たら怒られそうな素人仕事ですが

スキマスイッチを聞きながら漆喰で隙間を埋めます。

 

この漆喰でお部屋が見違えました。

最後にイノヴァーフロアというフローリングを貼って

完成!!!

このあと床と壁の間に巾木を付けました。

この部屋にエアコンを入れたので

猫たちも快適です。

 

猫のための部屋ではありましたが

超絶快適で嬉しい限りです。

猛暑の夏を乗り切れたのはエアコンのおかげ。

 

猫が熱中症になるくらいなら

電気代払ってエアコンつけ続けます。

私たちは極度に猫に甘いということを

最近自覚しましたが

そんなの関係ねえ。

かわいいは正義。

 

 

大事にします。

 

「畳からフローリングのDIY」への2件のフィードバック

    1. 木村さん 
      庭が今一番時間かかっていますー!明子さん召喚したいです(;O;)
      謎のキウイの木とかあります。桜の木も弱っているので復活させたいです〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です