インドネシアの石探し

LINEで送る
Pocket

DIYやらお家の改修やらを載せていましたが

急にインドネシアです。

仕入れでやってきたので

記憶を保っているうちに

書いてしまおうという魂胆です。

 

 

 

今回の仕入れは今までと違い

途中からまさ兄と別行動になります。

そして慣れない短期買付け。

2人でインドネシア5日間、

私は日本へ帰国し

まさ兄はインドとタイへ。

 

なぜ別行動なのかというと

猫を飼ったので長く預けるのが心配だったからです。

くろまめとおもち。

可愛すぎて親ばかが止まらないので

また猫だけのブログでも書こうと思います。

 

そしてなぜまさ兄が仕入れ担当なのかと言うと

免許が失効したからです。

免許がないと島根で1人では生きていけません。

そんな感じでまさ兄を灼熱のインドへ送り出し

私は日本へ帰国する乗継のマレーシアで書いています。

私は私で乗継便が遅れて乗り継げず。

思わぬ長期滞在のクアラルンプール空港です。

 

今回もインドネシアの観光皆無なので

移動情報ばかりになります。

興味ない方はしゃっしゃとスクロールして

写真だけお楽しみください。

 

□島根出発→車で約7時間→関西空港へ

車はJPパーキングというところで1週間6000円で預けます。

□関空→クアラルンプール→ジャカルタ

出発後すぐに猫シックになり

泣き出しそうな30代2人。

そんな中ほぼ24時間眠らずジャカルタへ到着。

時間がないのでそのままジャカルタの

ジェムマーケットへ。

さらっと見ただけでしたが疲れてしまい

すぐに帰って宿近くのフードコートへ直行。

まさ兄はタクシー乗車で足を強打し、

睡眠不足と空腹と暑さと疲労で

悲壮感がすごかったようで。

インドネシアの綺麗なお姉さんに

教材を売られそうになっていました。

私が食事を買ってくる間、

ちょっと目を離すと面白いことになっています。

 

その後は泥のように眠り

翌日は連絡を取り合っていた

インドネシアの石屋さんの工房がある町へと旅立ちます。

空港まで迎えに行くと言う

食い気味の石屋さんを静止し

ジャカルタからまずは電車でボゴールまで向かいます。

電車旅は旅情があっていいな〜と思いきや

おそらく昔の京浜東北線でした。

シートとか乗り心地とかそのまま京浜東北線。

気持ちは横浜→東京ぐらいの感じでボゴールへ到着。

30〜40分に1本ぐらいで電車は出ているので

すぐに乗れました。

宿近くのGandangdiaという駅から1本でボゴールへ。

マンガライ駅からたくさん人が乗ってきたので

座れてよかったです。

 

ボゴールへ到着し、さらに南へ。

ここまで石屋さんが車で迎えに来てくれたので

ありがたく乗らせていただき

“アジアの駐車場”と言われる

インドネシア名物の渋滞を体験しながら

3時間以上かかり目的地へ。

石屋さんと連絡取っていなかったら

辿り着けない道のりでした。

ありがたすぎる。

 

そして翌日から本格的に石まみれの時間に突入します。

 

 

つづく。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

「インドネシアの石探し」への2件のフィードバック

  1. おおおお、仕入れ旅!ってより仕事ですね、慌ただしい~。
    インドATMとまってるみたいですね、大丈夫かなぁ。なんか前回もこんなんだったような気がします。インドに愛されてますね!
    ネコ可愛い。

    1. 木村さん 
      仕入れより移動時間のが長かったです(;´Д`)
      インドATM1日でおろせる金額に制限があるとか…デジャブな状況です。
      インドに愛されていますww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です