【6日目】車中泊の旅!美しの郷

LINEで送る
Pocket

居酒屋の夢を見て、

部屋に入ってきた母親に

『ジンジャーエールひとつ!』

と注文を入れたことを思い出す、夏。

 

 

 

海沿いの『道の駅サンピコごうつ』で目覚め

この日は島根の内陸側の邑南あたりを巡ります。

地図で言うとこのへんです。

内陸ではあるけれど

出雲大社までも近く、(?)

広島の大都会まで車で1時間ちょいで行けます。

 

計画がざっくりしているので

単純に地図を見て

『川ぞいに線路がある!』

『いいじゃないか!そこを走ろう!』

ぐらいなざっくり具合です。

道の駅を出発し、

なんとなく邑南町に向かいます。

さすがです、島根。

海沿いから内側へ入ると、すぐ山!

一度で二度おいしい。

そしてもう景色が

サマーウォーズ!

一番いけないことは

お腹が空いていることと

一人でいることだから。

お、おばあちゃん…!(泣)

 

気を取り直して邑南です。

なんでしょうこの美しい盆地は。

そして『川ぞいの線路』と言っていたのは

三江線というローカルな線路で

線路沿いの景色は期待通りの美しさ。

2018年の3月に廃線になるという。

ぜひそれまでに乗りたい。

 

そして地図の中で

『天空の駅!宇都井駅』

とある駅を発見。

なにそれ行きます行きます。

はいどーんと駅。

登りますよ〜

 

登りました〜

いいですね。

ここで待ち合わせとかしたい。

来年の夏、ホームで待ってる。

あ、廃線やった。。。

上からの眺めも素敵。

廃線になるのがもったいない。

 

と、そこそこ観光もしながら

再び日本海側へ戻ります。

そこで通りかかったのが

美郷町。

名前がいい、ぐらいの気持ちでいると

景色もいい。

水も緑も綺麗。

まったく関係ないけれど

だるまやウィリーを思い出す。

車からなので町の様子は

写真に撮れなかったけれど

ちょうど中学校の下校時刻で

だいぶな数の学生さんがきゃっきゃしていました。

青春の光を見た。

中心地は田舎すぎない感じもよかったです。

漠然となんとなく

なんかいい町でした。

 

そしてこの日の温泉は

『多伎いちじく温泉』

大人600円

綺麗、広い、食事処、畳の無料休憩室あり

そこそこ人はいるけれどまったりできます。

 

この日の宿泊地は温泉から車で10分の

『道の駅キララ多伎』

ここは今回の旅でトップクラスにいい駅でした!

外観も可愛い。

車中泊組がほどよい距離感でいる。

パン屋さんがある!

朝ごはんはここで決定です。

そして夕日!

裏がビーチになっていて

日本海に沈む夕日が拝めます。

写真では伝わりませんが

日本海、めっちゃ綺麗です。

道の駅キララ多伎のHPでも見られますが

伊豆かってぐらい青い海と白いビーチ。

風車の感じとか

ゴミはーーーーとか

じわじわくる看板とか。

角の生えた人間が飛び込んで

わがままボディなスパイダーマンとか。

じわじわきているところで夕飯です。

幸せがやってきた!

宿泊代がかからないものだから

ご飯が贅沢になってきます。

 

よく考えたら周辺にあまり明るい街ないので

星も綺麗だったかもしれない。

撮影すればよかったです。

 

しかも近くに『キララコテージ』なるものがあり

コテージやログハウスからの眺めが良すぎ。

設備も良すぎ。

人数集めて遊びに行きたい…!

泊まってレポートしたい!

移住と関係ありませんが

ここは要チェックや!カチカチカチ!

 

 

という感じでこの日は左手は添えるだけで就寝。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です