バナナキッチンのお時間です

LINEで送る
Pocket

車中泊の旅の途中ですが

ここでいきなりバナナキッチンの時間です。

そうです。

何度だって餌付けされるんです。

 

 

 

ペルーで出会い、

南米各地で餌付けされ

日本でもごちそうになっている

はるちゃん。

餌付けの歴史はこちら↓↓

『この旅最強の料理人が現れた』

『最強の料理人がパワーアップして戻ってきた』

『突撃!となりの最強の料理人』

今回も東京のお宅へ突撃してきました。

 

前回からお引っ越ししているお部屋に

お邪魔しま。。。

モデルルーム?

モデルルームですよね?

オシャレ家具屋さんとかのディスプレイですね。

柳宗理のバタフライスツールが普通にある。

下にはアンティーク絨毯。

このテーブルもロンドンから運んだ味のあるもの。

ロンドンの風が吹いた。

壁にかかるハーキマーダイヤモンドを発見。

こ、これが血ヘドを吐くほど働いて

睡眠負債の向こう側へ行った人の部屋か。

 

どうしていいのか分からないけれど

とりあえず寛ごう。

お喋りしながらまったり料理を待つ我々。

 

手作りジンジャーシロップのドリンク。

いろんなスパイス入ってて美味しい。

 

そして今回は懐かしのレシピ集ということで

ペルーで作ってくれた料理が続々登場。

レバーペーストがにんにく効いてて

レバーの臭みもないので

バケットに塗ってばくばく食べます。

なにげにじゃがいもが美味しい。

 

そしてやっぱり

出ましたー!

アヒージョー!!

エビがでかい( ゚д゚ )

何度も同じもの作ってもらって申し訳ないけれど

美味しいんですもの!

こちらもぺろり。

記憶がないけれど

エビ3、4尾食べてしまったような。。

 

そしてこの後はコーヒーの撮影会です。

すんごくいい豆が登場!

今回はエチオピアをセレクト。

細かめに豆を挽いて

この日のために四角い氷を用意してくれました。

湯気を入れて撮影。

周辺アイテムとか光とか

ちゃんとセッティングしていると

こんなにも写真が素敵になるのですね。

手が綺麗なはるちゃんに

淹れてもらいます。

 

「高い打点から!」

という無茶ブリにも即対応。

コーヒーやっているはるちゃんとまさ兄からすると

ありえない淹れ方で面白いらしいです。

環境が素敵で綺麗に撮れるものだから

楽しい。

そしてこのコーヒー

すんごく美味しかったです。

味わい深い。

ストレートでいけました。

 

この後にエルダーフラワーのシロップを撮影。

アイスやヨーグルトにかけても

美味しいみたいです。

 

 

夕飯のパスタまでいただいてしまって

石のルースまで買ってもらって

もうどうすることもできないので

ヒマラヤ水晶とか献上しました。

箸置きに使ってね。

 

南フランスのマドエレンという

岩石に植物などから蒸留抽出した香りを

手作業で染み込ませたフレグランスや

巨大パイライトなどもあり面白かったです。

 

なんだか至れり尽くせりで

優雅な気分ではる家を後にしました。

 

はるちゃんのアースガーデンの記事

『Banana Kitchen』で見ている雰囲気が

部屋の中まで続いているという

素敵体験でありました。

 

 

さて次回からは現実へ戻り

車中泊の旅です。

虫にびびりながらの旅が続きます。

 

 

「バナナキッチンのお時間です」への2件のフィードバック

  1. ぐはぁ!自分がハル飯を食せていないことに、精神ダメージを受けました。懐かしい、ハルさんお元気そうで何より。

    1. 木村さん 
      はるちゃんに木村家のかぼちゃで和・洋・スイーツすべて作って欲しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です