リンゴの世界が終わる時【バンコクでMac修理】

LINEで送る
Pocket

物事には終わりがあって

いつまでも続くことはない。

分かっているのに

その終わりが来るまで信じられない。

MacPCがぶっ壊れたって話です。

1ヶ月近く更新していませんでしたが

しれっと始めます。

 

 

 

 

現在バンコク。

眉毛書かれても

犬は気にする様子もないバンコク。

 

昨年の10月ごろから

MacBook Proが

タッチパネルが反応なし

キーボードが反応遅し

という状態でしたが

マウスで普通に使っていました。

 

しかしここへ来て

Macちゃん微動だにしないのです。

まだ買って2年。

迷わず修理です。

 

①MBK4階へ

最寄はBTSナショナルスタジアム。

若者向けの服や雑貨があり

なかなか安いです。

モバイルやPCは4階に集中し

SIMフリーの携帯電話なども安く

観光客慣れしているので

購入しやすいです。

時々ふっかけられますが。

たまに日本語話せる人います。

 

ここにMac専門の店があり、

正規の店ではないですが

良心的で対応もいいです。

①タッチパネルは使えない。

②キーボードもおかしい。

③というか電源つかない。

英語で詳しく説明できないので

この3つだけ伝えて

後は爽やかニイちゃんに委ねます。

MacBook Pro2015年モデルは

最近不具合が多いんだとか。

しかしたぶん2日ぐらいかかって

6500B(約21000円)とおっしゃる。

ぎゃああああ!!!

と心で叫んで預けました。

その場ですぐに直るようなものは

200B(約650円)〜500B(約1650円)

システムのトラブルっぽい人は

190B(約620円)と言われてました。

 

ちなみに連絡方法はLINE。

宿に帰るとさっそくメッセージが。

『水のダメージがある』

写真も数枚送ってくれました。

そういえば1年ぐらい前に

ファンタぶちまけたような。。。

さらに数日待って取りに行くと

結局修理できないということに。

淡々と書いていますが

絶望は深いです。

直せなかったお詫びを言われ、

検査料金などは特になかったです。

 

②アマリンプラザ iServe

最寄りはチットロム駅

MBKから歩けます。

絶望のその足で向かいます。

ここでも全く動かないと伝え

7日〜10日と言われます。

アップルのお店なので

シリアルナンバーで検索してくれて

保証期間ということでした。

あわよくば無償修理か?

と思いましたが

後日電話が来て

修理できないとの返答。

絶望は深まるばかり。

 

ちょっとした不具合なら

当日直る人もいるみたいです。

私の場合は水のダメージと

ここ最近アリが

キーボードから出現していたので

中身が不安ではありました。

 

諦めてブログはiPhone で、

ネットショップは

まさ兄のサブPCを奪って

オープンさせようと思います。

MacBook Proの美しい画面で

写真の編集はもうできないのです。

フォトショも使えん。

おそらく後1ヶ月ほどで

日本へ帰るので

それまで耐えたいと思います。

 

むしろiPhone の写真編集能力を

フルで活用する時がきました。

乞うご期待!

 

 

「リンゴの世界が終わる時【バンコクでMac修理】」への2件のフィードバック

  1. 別れあれば出会いあり。きっと次のリンゴも素敵なはず。
    久々更新されて良かった~

    1. リンゴは失いましたが地味に地味に更新していきますよ〜
      ご心配おかけしました!^o^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です