行く前からめんどくさいインド【バンコク・インドビザ2016】

LINEで送る
Pocket

誰かが言いました。

ビザを取得するところから

インドは始まっている。

うまいこと言ったもんです。

その通り。

入ってないのに面倒くさいぜインド。

 

 

 

 

現在はそんなに面倒ではないのですが

それが判明するまでの過程がめんどかったです。

 

※2016年11月現在の情報です。

急に紙幣が使えなくなったり

政策が変更したりとコロコロ情勢変わります。

情報はなるべく鮮度の高いものを確認ください。

 

2015年にネパールでインドビザ取得した時は

インド大使館横の代行業者にお願いして

すごいスピードで書類作ってもらい

写真もコピーも全て揃えてもらえたので

ごたごたはありましたが…

作業はとてもラクでした。

 

バンコクでも代行できるかな?

と確認すると

『タイ国労働許可証』を持っている人のみ代行できるとか。

ビザ申請の時に指紋登録が義務づけられたから

結局本人が出向かないといけないとか。

 

そうかー自分でがんばろ。

と、準備をし始めました。

以下、ムダに終わった作業たちですが

せっかくなので載せます。↓↓

①インド入出国の航空券手配。

②インド滞在時のホテル予約バウチャー20日以上。

③パスポートの顔写真ページコピー2枚。

④パスポートのバンコク入国スタンプページコピー1枚。

⑤以前インドへ入国していた場合のインドビザページコピー1枚。

⑥ビザ申請用の写真2枚(5✕5)

⑦申請書(PCで3ページ・印刷2ページ)

申請書入力で本籍やら親の出身地やら以前の滞在先の住所やらetc

ここまでの情報いる?

というくらいめんどい作業が続きます。

こちらのサイトを参考に宿のPCで入力。

その場でプリントして書類作成。

1文字でも間違うと入国できないという

恐怖のウワサに怯えながらの作成なので

確認しながら1時間近くかかりました。

 

そしてインドビザセンターへ。

GLAS HAUSの15階でも

ASOKE253の22階でもなく

こちらです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-11-30-46

PSセンターという建物で

maps.meだとちゃんとPSセンターと出ます。

最寄りはASOK駅かSukhumvit駅。

エアコンも効いていて綺麗。意外。

 

そこで運命の宣告です。

『君たちはここで申請はできない。』

(゜❏゜)!?

さ、サワディカー?(意味不明)

『e-VISAという申請方法でネットから申請しかできない。』

そ、それは去年の話で2016年夏に普通に取得してる人いたが?

『いや、e-VISAかアライバルビザしかない』

(゜❏゜)!!

ムダ足!!

 

↑↑ということで以上がムダな労力でした。

 

 

バンコクからは2パターンの取得があるようです。 

 

【e-Tourist Visa】

電子ツーリストビザです。

こちらのサイト『インドビザを取得しよう2016』

がかなり参考になりました。

熟読必須!

JPEGフォーマット:証明写真

PDFフォーマット:パスポートの写真ページ

この準備も必要。

証明写真はカメラでそのまま証明写真を撮影しました。

写真ページのPDFはスキャナーもないし

無料で画像データをPDF化するソフトを落とすか

と思っていたら自分のMacに

『Adobe Acrobat Pro』という便利ソフト入れてました。

準備ができたら結局またPCで

長々とページに入力していきます。

写真とパスポートをアップロードして

最後にビザ料金25$をクレジット払い。

VISAカードははじかれたので

予備のMasterカードで決済でした。

72時間以内にビザ番号が書かれたメールが送られてきます。

私の場合、翌日にはメールがきました。

↑↑現在ここまで。

これを印刷して入国の際に専門の窓口へ。

入国できるかしら。。。

 

【アライバルビザ】(日本人限定)

デリー・ムンバイ・コルカタ・チェンナイ・バンガロール・ハイデラバード

この5つの空港のみ、

日本人のみで2016年3月に復活したアライバルビザ。

30日以内の滞在などなど。。。

条件を満たしていればこちらが簡単のようです。

申請書をプリントするか機内でもらうかして記入。

その後、到着空港で審査、支払い、ビザ発行

という感じで一連の流れに沿って入国。

アライバルビザの条件なども

確認はしておきましょう。

やはり『インドビザを取得しよう2016』

のサイトが詳しくて参考になります。

 

しかしこのアライバルビザで友人が

ヨーロッパ→ドバイ→インド

の乗り継ぎで向かった時に

ドバイの空港職員がこれを知らなかった

というだけで搭乗拒否をくらってます。

説明しても

『お前はインドには入れない』

という謎の仕打ち。

しかも飛行機に乗れずしかたなく

インドを諦めバンコク行きのチケットを買うと

インドのデリー経由だったという謎の仕打ち。

一応乗り継ぎの時に入国できないか

理由を話したらしいですがもちろんムリでした。

 

そんな話もありアライバルビザ怖!

とか思っていましたが、

バンコクなど利用者が多い場所では

あまりこういうことはないかな?

 

実際に利用している人のブログなどでは

利用者が日本人だけなので空いている、簡単

とか

日本語できるスタッフが派遣されていて安心だった

とか

24時間受付と聞いて夜到着したが10時間待たされた

とか

情報はいろいろです。

 

 

 

私たちはデリー到着後ジャイプルへ飛ぶので

一応5時間ほど時間をあけましたが

それでも不安でいっぱいです。

 

インドの旧紙幣が使えなくなった事件で

空港のATMにお金はあるのかとか

ドル持っていったところで

ドルの価格がいつ下落するのかとか

不安でいっぱいです。

 

なんでインドへ行くんだ…

と自問自答しながら

カウントダウンは始まっています。

インドまであと5日…

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

クリックで応援していただけると嬉しいんどびざ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「行く前からめんどくさいインド【バンコク・インドビザ2016】」への2件のフィードバック

  1. やぁ、元気そうでなにより。あいかわらずインドの香り漂うビザ取得ですね。無事到達できることを祈っております。

    1. 木村さんたちも五島楽しそうで遊びに行きたいです^^
      インド、行ってしまえばなんとかなるのですが行くまでがいつも憂鬱です(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です