イーペンサンサーイ2016【チェンマイ】

LINEで送る
Pocket

熱気球を夜空に飛ばす風景が見たい。

ただそれだけでチェンマイへ来ました。

とりあえず来ちゃっただけの人間が

果たして美しい風景に出会えたのか。。。

そんな軌跡を辿るお話です。

 

 

 

 

導入でクサく語っているのは

決してファイナルファンタジーの影響ではありません。

まさ兄のiPadに入っているFF9の影響ではないですよ。

ポーションとか言ってなんかな

誤魔化せなくなる前に本題へいきましょう。

 

ざっくりお祭りの趣旨を言うと

タイでは毎年10月から11月の満月の夜、

神への感謝や祈りの気持ちと共に

(クラトン)灯籠を川に流す

ロイクラトンと呼ばれるお祭りがあります。

チェンマイでは灯籠の他に

コムローイ(和紙の熱気球)を夜空に飛ばすので

観光客にはこちらが人気です。

 

大きく分けて

『イーペン・ランナー・インターナショナル』(外国人イベント)

『イーペンサンサーイ』(地元のお祭り)

 の2つがあり

そのどちらも熱気球が夜空に放たれます。

関係ないですが、

ミスチルの『放たれる』を友達が

『鼻垂れる』と勘違いしていました。

どちらも日にちは違います。

2016年は11月14日がインターナショナルで

11月15日がサンサーイという

連続で祭りが楽しめる最高のコンディションでした。

 

【イーペン・ランナー・インターナショナルの場合】

3000名ほどの定員があり

100$ほどの料金。

開催日が前もって分かるので計画立てやすいですが

チケットは争奪戦になるので

旅行会社に手配してもらう人が多いようです。

場所は旧市街から北に15キロほどの

メージョー大学

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-14-41-02%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大学横の川辺でも

写真に撮れるというレベルではないけれど

なかなか見られるということで

イスやシートを置いて一杯やっている人も多いようです。

プログラムがあり開会式や音楽などなど。。

屋台もトイレもあるようですが

かなり混雑しているとのウワサ。

道の渋滞など全てにおいて混んでいる。

けれどそんなことが気にならなくなるくらいの

素晴らしい風景!

…らしいです。

行きたかった。

 

【イーペン・サンサーイ】

定員なし。

毎年人が増え昨年は2万人を超えたというウワサも。

開催日が直前に決まるので計画は立てにくい。

通常、チェンマイの現地ツアー会社で

500B(約1500円)前後で

申し込めると聞いていました。

場所は毎年変わるのですが、

大体、市内から30キロ圏内の広めのお寺のようです。

こちらも熱気球を一斉に飛ばすのですが

人数が多いのでインターナショナルより

すごいという人も。

17時発→24時帰宅という感じ。

 

しかし2016年は勝手が違いました。

10月13日にタイ国民に絶大な信頼と敬愛を受ける

プミポン国王陛下が崩御というニュースが。

そして、2016年のお祭りは中止が決定。

さらに数週間後、規模を縮小して開催に変更。

インターナショナルは花火やコンテストはないが

熱気球は例年通り飛ばすということでした。

そこで日系のツアー会社で聞いてみると

サンサーイは気球を一斉に上げるのはないとのこと。

しかし14日、15日の19:00〜22:00の間は

熱気球を飛ばしてもいいということで

ピン川の河原へ行けば

多少は見えるかもしれないと

親切に場所も教えてもらいました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-14-42-22

ピンクのマルあたりでコムローイよく見えました。

Tha Phae Rd は15日のパレード通っていました。

そんなわけで14日の夕方に河原へ向かうと

dsc_1684

普通にぎゅうぎゅう。

屋台が道にずらりと並び賑わいます。

各々が各々のタイミングで

dsc_1713

夜空に飛ばします。

dsc_1760

川に流されるクラトンも相まって幻想的。

dsc_1766

ぎゅうぎゅうしながらの長時間露光。

dsc_1729

人混みと歩き疲れでへろへろ。

r0015386

しかし星空のようで最高に綺麗でした。

写真ではイマイチでしたが

町中で飛ばしているのですごい規模です。

これで自粛しているのならいつもはどんだけ。。。

 

15日も同じように河原方面へ向かうことに。

dsc_1756

スーパームーンという絶好調な月を前に

広角レンズしかない自分を罵倒。

dsc_1786

今年は厳かなパレードとなり

参列者も基本は白か黒の服でした。

dsc_1772

混雑と歩き疲れで戻る途中に笑顔の癒し。

dsc_1769

人混みが嫌で嫌でターペー門まで逃げ帰り

河原の方角を振り返った20:30

より多くのコムローイが上がっているのを目撃。

(゜❏゜)!!!!!

まさ兄と『上がってない!』

『何も飛んでない!気のせい!』

と泣きながらその場を去りました。

引き返す時間も体力も消えていた。

人混みに流されて変わってゆく私を

ときどき遠くでしかって。

 

 

という感じで2016年のイーペン祭りは終わり。

Facebookなどでインターナショナルに

参加した人の写真や動画を見ると

映像だけで鳥肌な景色がありました。

チケット完売の情報があっても

なんとか頑張ってキャンセル待ちを捕まえたり

現地ツアー会社に問合せたり

努力をした人はその景色を見れています。

やはり計画と努力いうのは大事です。

 

2016年は他の年とは違う雰囲気だと思うので

あまり参考にならないと思いますが

来年以降行かれる方は早めの準備をおすすめします。

 

宿は約2週間前に予約しましたが

普通に旧市街でも空いているところはあります。

しかし人気の宿はすぐになくなるので

宿にこだわる人は早めの予約です。

 

思っていた風景は見れませんでしたが

情緒ある素敵なお祭りでした。

dsc_1716

この飛んでるのの根元に行けばよかったんじゃ…

とかツッコミ禁止で。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

クリックで応援していただけると嬉しいーぺん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です