バガンの美しき夜明け

LINEで送る
Pocket

ミャンマーの旅程を10月にずらしたのは

夜明けに遺跡の上を飛ぶ気球を

日の出と共に撮りたかったから。

そして期待を上回る風景がありました。

ちゃんと観光したバガン編、どうぞー

 

 

 

 

到着日は朝日よりもシャワー

遺跡よりも睡眠な気持ちでしたが

せっかくなので e-Bikeという電気バイクで

オールドバガンまで。

dsc_1231

暑い。

dsc_1225

暑い。

観光終わり。

いきなり前言撤回です。

パゴタは裸足で登るので足の裏が焼けます。

この前の地震でパゴタが崩れ

修復中のビニールシートがちらほら。

入れないパゴタもちらほら。

というか去年あらかた見たしな。。。

まさ兄は初めてのバガン黙殺。

ということで翌日の朝日にのみ情熱を注ぐことに決定。

 

次の日、朝は5時に宿を出ます。

宿の人も起きているし

e-Bikeで遺跡へ向かう観光客が多いので

暗いけれど少しホッとします。

 

朝日の名所のパゴタがあるオールドバガンへ。

すでに人がいっぱいで

一番上の段は行けませんでした。

dsc_1272

そして朝日が昇ります。

dsc_1319

曇り空のスキマから光が出ます。

朝日が昇ると気球も上がり始め

とても幻想的な光景に。

dsc_1344

雨季の緑が美しい。

久しぶりに息を飲む景色に出会いました。

 

これにてバガン観光終了。

早い、早いけれど

朝日で満足してしまったのです。

そしてなぜだかこのタイミングで

喉の焼けるような痛みと寒気がやってきたので

生姜スープとアボカドサラダという

オシャレなご飯でバガンを終えました。

 

しっかり観光ミャンマーの予定が

いつも通りまったり過ごしてしまっています。

インレー湖こそちゃんと観光観光。

 

…もうこの前フリいらないですね。 

 

 

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

クリックで応援していただけると嬉パゴタ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「バガンの美しき夜明け」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です