ウユニ塩湖の『どうやって撮っているの?』が知りたい!

LINEで送る
Pocket

このタイミングでウユニ塩湖?

というツッコミは

チャオプラヤー川に流して

どんどん進みますよー

 

 

なんで突然のウユニなのかというと

『たびねす』で書かせてもらっている記事で

ウユニの撮影に特化した記事を書いたら

“もう少し旅行喚起する記事でお願いします”

ということで読み直してみたら

完全に

撮影記事と、ついでのウユニ

な内容になっていたのです。

そうして書き直したのがこちら↓↓

『ウユニの絶景タイムはいつだ!時間別スポット紹介と撮影ガイド』

 

ということで最初に書いたのはボツだけれど

もったいないので個人的な

ブログに載せてしまえというわけです。

の、載せてしまえー↓↓

 

 

『ウユニ塩湖の「どうやって撮っているの?」が知りたい!』

「死ぬまでに見たい絶景」として有名なボリビアのウユニ塩湖。鏡張りの写真やトリック写真でも有名ですが、実際にどうやって撮っているのか、どのタイミングでどこに行けば撮れるのか気になる人も多いでしょう。
そこで今回はウユニ塩湖の撮影の裏側をご紹介します!

 

【一面の鏡張りで天地逆転!?】

dsc_9932

ウユニ塩湖といったらセットで“鏡張り”という言葉がついてくるぐらい定番なのが鏡張りの風景です。一般的にウユニ塩湖は一面の真っ白な大地なのですが、雨季になると高低差のほとんどない地面に雨水が張り、水鏡となって絶景を生み出します。そのため鏡張りの絶景が見たければ11月から4月の雨季、一面の白い大地が見たければ5月から10月と言われています。

しかし雨が少なくてもウユニ塩湖には山からの湧き水で水が張っている場所があるのです。一面の、とまではいきませんが上手く写真に収めれば綺麗な水鏡を撮ることができます。

鏡張りの撮影でまず大事なのは天候と風です。こればかりは運もありますが、もちろん晴れていて風で水が揺れないほうがしっかりと写ります。さらに雲が出ていれば空と水鏡のシンメトリーが美しく、情感が出ます。被写体を置くのであれば赤や黄、蛍光色などのはっきりした色がよく、白や青だとぼやけた印象になります。また、太陽を背にして撮るとよりクッキリ写るので、朝や夕方など太陽の位置が低い時間帯がおすすめです。

望遠レンズを持っている人は望遠レンズ特有の「圧縮効果」を使ってみるのも楽しいです。100mmや200mmなどの望遠で撮影をすると、背景が大きく写り遠近感がなくなったように見えます。遠くのものを手前に引っ張ってくるような効果があるので、被写体の背景に雲などがあれば雲の密度を高めた印象的な写真が撮れるでしょう。

また、鏡張りが綺麗に写ったら上の写真のように画像を回転させてみると面白いです。ぱっと見てどちらが上か下か分からないインパクトのある写真になるでしょう。

 

【おなじみのトリック写真はどうやって撮っている?】

r0011888

鏡張りと同じくらい人気なのが「トリック写真」です。手前のものを大きく、奥のものを小さく写し普通ではありえない状況のように撮影ができます。下の写真のように置物の船に人が乗っているように撮影したり、おもちゃの恐竜に襲われているように撮影したり、小道具を使ったり人数を集めて協力しあったり、撮影アイデアはたくさんあるので現地へ行くまでにじっくり考えておきましょう。

実際はどうやって撮っているのかというと、塩湖の上に寝そべったりカメラを地面に置いての撮影がほとんどです。上の写真の場合、大きく写したい船をカメラのすぐ前に置き、人物は十数メートル後ろに下がってもらいます。立ち上がって上からではなく地面に平行に撮ることで遠近感を感じさせない写真になります。また、影の出にくい昼間の撮影がおすすめです。

dsc_9772

しかし手前と奥のものを同時に撮影すればどちらかがピントの合わない写真になります。それをできるだけ抑えるためにカメラの設定をマニュアルか絞り優先にし、F値をF16からF22などなるべく大きい数字に設定しましょう。ピントは、奥の人物を特にはっきり撮りたいという意図がなければ、手前のものに合わせたほうが全体的にくっきりと写ります。またレンズの画角は、遠近感を出しボケを少なくするため18mmや28mmなどの広角に設定しましょう。

現場では実際、iPhoneなどでも綺麗に撮影ができます。現地ツアーのドライバーさんに撮影をお願いする時にもiPhoneのほうが慣れているので、デジタルカメラでは上手く撮れないという場合はiPhoneで撮ってみるのもいいでしょう。

 

【透明人間!?スローシャッターで面白撮影!】

dsc_9870

ウユニ塩湖に朝焼けや夕焼けのタイミングで訪れれば、スローシャッターで面白い撮影をすることができます。スローシャッターとはシャッターを10秒や20秒と長時間開けることで、開いている時間に写っている光を記録することができる撮影方法です。主にデジタル一眼レフやマニュアル設定のできるコンデジで撮影ができます。

上の写真は夜明け直前にシャッタースピード20秒で撮影したもので、最初の10秒間だけじっと静止し、合図で一斉に走ってカメラに写らない場所へ移動しています。シャッターが開いている間に動いているものは消えて見えるのですが、静止していた10秒間の影は残るので透明人間がいるような面白い写真になるのです。

シャッターを長時間開くということはその分たくさんの光が写るので、昼間に撮影しても明るすぎて撮れません。夜間は人物がよく見えなくなるので、朝焼けや夕焼けの時間帯を狙って撮影してみましょう。明るくなりすぎないようにISO感度は数字を小さくし、F値の数字は大きく設定します。

dsc_0117

同じ撮影方法を使いペンライトで文字を書くこともできるので、一緒にいる人たちと協力して楽しんでみて下さい。

 

【雰囲気バツグン!列車の墓場で星空を撮ろう!】

r0011931-1

ウユニ塩湖は標高約3700Mの高地にあり、空気中のホコリが少なく湿度も低く周辺に光源も少ないため、天の川や星空などがとても綺麗に見られるのです。さらにウユニには「列車の墓場」と呼ばれる廃列車のたくさん置いてあるスポットがあり、星空のツアーなどに組み込んでもらえれば星空の下の列車というノスタルジックな写真が撮影できます。

星空の撮影はマニュアルの設定で、上の写真ではF2.8・ISO800・SS30で撮影しています。F値は一番小さい数字に。ISOは高くするとノイズが目立つのでISO1600以上はなるべく避けましょう。シャッタースピードは長いほうが明るくなりますが、長すぎると星の軌跡が写るためなるべく60秒以内での撮影がおすすめです。

ピントも暗くて合わないのでマニュアルになりますが、列車などの被写体がある場合は、ライトを当ててオートフォーカスで被写体にピントを合わせる方法もあります。基本的にはマニュアルで何度か撮影し、画像を確認しながらピントリングを少しづつずらし合わせていくか、ライブビューのモニターを見ながら合わせていくかになります。上の写真は雰囲気を出すため白黒にしていますが、ホワイトバランスを設定して好みの色合いにするのもいいでしょう。

「列車の墓場」はウユニの町から少し離れた場所にあり、野犬などもいる可能性があるので夜に個人で行くのはなるべく避けて下さい。ツアーに組み込んでもらうなどし、現地のドライバーさんやツアーの人たちと一緒に何人かで行動しましょう。

 

【撮影の注意点】

r0011886

昼間のウユニ塩湖での撮影は地面に寝そべって撮影することが多いため、汚れてもいい恰好で臨みましょう。小道具やアイデア次第で色んな写真が撮れるので、現地へ着くまでにじっくりと考えておくと楽しいです。乾いた塩湖は一面の白色で、特に晴れていると照り返しが強く目を痛めるのでサングラスを必ず持参しましょう。

r0011929

雨季のウユニの夜は特に寒く撮影どころではないこともあるので、重ね着で温度調整ができるようにするといいでしょう。星空やスローシャッターでの撮影は三脚があるといいですが、持っていなければ簡易イスなどで固定して撮影することもできます。寒さやシャッターの開放で電池の減りは早くなるので予備バッテリーがあると安心です。また、月が出ている時は星空はほとんど見えないので、月の出や満ち欠けを確認して計画を練ることをおすすめします。

dsc_9931

ウユニ塩湖は目標物などがあまりないため、写真のほとんどに地平線が写ります。意図的に斜めにしているのでなければ水平に撮影をしましょう。人間の目はシビアなため、水平がずれていると写真に違和感を感じます。

ゴミは持ち帰る、撮影に夢中になり周りに迷惑をかけないなど、マナーを守って楽しみましょう。

 

【いざ、世界トップレベルの絶景を見に行こう!】

dsc_9883-1

ウユニ塩湖のあるボリビアは日本のほぼ裏側でなかなか遠いですが、死ぬまでに見たい!と思うような絶景が広がっています。ぜひ思い切って地球の裏側へ飛び、実際に目にする感動を写真に記録し、楽しい想い出を持ち帰ってください!

 

 

うん、これは

ボツでよかった。。。 

旅行喚起しとらん。

写真に興味ある人だけご覧くださいー。 

 

ごたごた書いておりますが

ウユニ素晴らしかったです。

大友克洋のFREEDOMくらい

胸アツになりました。

なかなか遠いウユニですが

月よりは近いので

ぜひ行ってみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

クリックで応援していただけると嬉しエデン。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「ウユニ塩湖の『どうやって撮っているの?』が知りたい!」への2件のフィードバック

  1. 面白かった〜です!: ) 縁あってD7200がウチに来ましたが、GRばかりで出番が余りありません。。こんな素敵な写真を撮ってみたいです!

    1. Yorkさん 
      ありがとうござい〜!
      D7200!安定の中級機ですがGRの気軽さもいいんですよねw
      私も普段はほぼGRちゃんが相棒です( ゚д゚ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です