ペルーからコロンビアへ空の旅

LINEで送る
Pocket

ペルーのリマから

コロンビアのボゴタへ飛びました。

飛行機を使うことの快適さを覚え

バス移動が面倒になるお年ごろです。

今回はビバ☆コロンビアしちゃったお話です。

 

 

 

ペルーからコロンビアに入るということで

エクアドルを通るバス移動を考えていました。

しかしリマからボゴタまでバスで3日という面倒さ。

地震もあって道も治安も情報が少ない。

そして教えてもらったのが

『ビバコロンビア』という航空会社です。

検索するとリマからボゴタ直行便で

186$+預け荷物で約200$(約21200円)3時間半

あれ。。。

安心安全のペルーのバス『Cruz del Sur』

532ソル(約19500円)3日

絶対飛行機がいい。

ということで即決です。

 

そしてこの『ビバコロンビア』が曲者で

◯コロンビアのクレジットカードじゃないと予約できない。

◯予約できていると思いきやできていなかった。

◯ビバコロンビアに直接電話して対応してもらった。

◯代理店を通すと値段がはねあがる

とか、ネットで色々な情報がありました。

め、めんどくさーと思っていたら

2016年からシステムが変わったらしく

日本のクレジットカードでも

普通に買えたよーという旅人がおりました。

なので現在は直接ビバコロンビアしちゃっても

大丈夫なのかもしれません。

 

しかし友達から教えてもらった

『SKY PICKER』スカイピッカーというサイトで

航空券を確認すると

値段も本家と変わらないし

日本語でサイトも見やすいし

すんごい予約しやすかったので

今回はスカイピッカーで予約。

 

出発3日ぐらい前に送られて来る

ボーディングチケットをプリントしていかないと

ペナルティで30$取られるらしいです。

一応 eチケットも印刷しましたが使わなかったです。

 

あと出国の時に出国税だか入国税だかで

1人15$支払いました。

 

予約の時に預け荷物1人1つで予約していましたが

まさ兄の35リットルのバックパックが大きかったので

預け荷物にしてほしいと言われてしまいました。

預け荷物のスーツケースとバックパックの重量が

限度の15キロぎりぎりだったので

空港にあるビニールで荷物包んでくれる場所で

1つにまとめてもらいました。

35ソル(約1300円)

ちょいちょい出費が…

予約時は預け荷物20キロと書いていましたが

実際は15キロが限度でした。

オーバーするとペナルティでまた支払いがあります。

しかし係員さんの対応はすごくよかったです。

 

【ペルー・リマの空港】

Jorge Chabez ホルヘ・チャベス空港(LIM)

到着ゲートだけ見たら長距離バスターミナルかと

ツッコみたくなるしょぼさなのですが

出発ゲートは2階にフードコートなどもあり

お土産屋さんやいろんなカフェがありました。

空港泊もできそうな雰囲気。

無料Wi-Fiはありましたが全く繋がらず。

しかも10分しか使えないらしいです。

皆Wi-Fiを求めてスタバに群がっていました。

国際線チェックインは3時間前が当然のようで

リマは渋滞も多いので5時間前に宿を出ました。

タクシーで宿から空港40ソル(約1480円)

当然のように早すぎて空港で遊んでました。

 

【コロンビア・ボゴタの空港】

El Dorado エルドラド空港(BOG)

でかい、綺麗、安心な空港でした。

夜中到着だったので

空港内のマクドナルドのソファーで

明るくなるまで休憩。

空港内の無料Wi-Fiも遅めですが通じ

とても快適でした。

 

【ボゴタからメデジンへ】

ボゴタでは街に行かず

メデジンという街へ直行です。

飛行機で約1時間。

バスで約10時間。

前日に検索した航空券では

片道1人預け荷物込で約5000円ぐらい。

バスだと約2500円ということでしたが

ネットで予約がはじかれてしまうので

当日直接ボゴタ空港のカウンターへ行きました。

しかし荷物込で約18000円とか

昼まで待って約8000円とかだったので

バスで行くことに決定。

タイミングがいいと2500円ぐらいで飛行機

という人もいたようです。

荷物代入れるともうちょっとすると思いますが。

空港からバス停までタクシーで15分

20000ペソ(約800円)

バスを乗り継ぐと1人200円ぐらいなので

人数が多ければタクシーがおすすめです。

 

ボゴタのバスターミナルでは

『Bolivariano』という大手のバス会社で

午前8:20発 55000ペソ(約2200円)

夜便は混んでるらしいですが

昼便はがらがらで広い車内に10人もいませんでした。

綺麗だし広いしモニターで映画見れるしトイレある。

しかしぐねぐね道を10時間で

さすがに酔いました。

途中お昼に休憩がありましたが

あまり食べられず。

車内は冷房ガンガンで寒いので上着必須です。

19:00頃メデジンへ着き宿へ。

タクシーで10000ペソ(約400円)

 

 

メデジンのお宿はもちろん

旅人に有名な『シュハリ』

噂通りの居心地の良さのため

宿から出る時間が非常に少ないという

とても不思議な現象が起きています。

ていうか不思議でもなんでもないですね。

旅の最後まで長期滞在型を貫き通した、

ただそれだけです。

 

まもなく帰国か、と思いながらも

明日はマグロが届くのでいち早くづけ丼です。

観光はもう少し待って。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しーすー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です