アンデス山脈を越えて

LINEで送る
Pocket

アルゼンチンのメンドーサから

チリのサンティアゴまでのバスは

アンデス山脈を越えて

南米最高峰アコンカグアを望む

絶景バスとなりました。

このルートがあまり有名でないのが不思議。

 

 

 

メンドーサはアルゼンチンのワインの

8割が作られる場所ということで

ワイナリー巡りが有名だったり

フリーワインの宿があったりと

まさにワインの町。

そんな中

華麗にワインをスルーしてチリへ。

 

そしてアンデス山脈をまたぐ国境越えということで

これは昼のバスで景色を見たいなー

あわよくばアコンカグア様も見えるかなー

ということで夜行は却下して昼便です。

 

メンドーサ7:30発

サンティアゴ14:30着

国境審査含めて7時間・450ペソ(約3600円)

3列シートの豪華バス・飲み物お菓子付

トイレ使用可

 

出発して少し郊外へ出ると

すぐに雪山が見えてきます。

R0013602

ゆったりシートで音楽を聴きながら

徐々にジョジョに標高を上げていきます。

R0013622 (1)

そして国境に近づくころには

ラダック・レーを彷彿とさせる景色に。

アコンカグアの位置を地図で確認していたので

進行方向右側を睨んでいると

R0013630

あれ?

あれか??

R0013631

あれだ!

一瞬でしたがアコンカグア見えました。

右側の席だったらもう少し見えるのかも。

R0013633

アコンカグア様は一瞬で終わりましたが

周辺の山々も素敵です。

 

国境では荷物検査が割りとしっかり行われ

荷物を前に一列に並べられ

検査の犬が荷物の臭いをかぎかぎ。

検査犬、めっちゃ可愛かったです。

ポカリとかダシとか入っている袋が

ひっかかりましたが

『ドリンクパウダー』

と言ったら大丈夫でした。

この国境越えのために

にんにく、生姜、鷹の爪などを処分したので

痛かったです。

鷹の爪…

 

そして荷物チェックの人に日本人だと言うと

『バットウサイ!!』

『ヒムラ!!』

と叫ばれました。

るろうに剣心のファンとのこと。

こんな地球の裏側までるろ剣が知られているとは

嬉しいかな。

 

無事国境を越えると

R0013644

チリ側も絶景。

R0013647

やはり標高高い場所はテンション上がります。

 

徐々にジョジョに標高を下げていき

R0013650

緑が多くなってきました。

R0013651

緑の中を走り

やがて都会になり

時間通りサンティアゴ到着です。

 

この後、時差のおかげで

プチトラブルが起こりますが

それはまた別のお話…。

 

アルゼンチン↔チリのアンデス山脈国境越えは

昼便がおすすめです。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しいでござる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「アンデス山脈を越えて」への5件のフィードバック

  1. おぉ、綺麗なルートですね。アコンカグア、見たかったです。
    バットウサイ、昨日全巻読んだところです。やっぱりヤヒコ君が素敵ですね!!!

    チリ入りしたのであれば、是非、魚介類を極めてください!!

    1. 木村さん
      バットウサイ、タイムリーでしたね。
      私は巴さんのあたりの剣心がなかなか好きです。

      現在汐見荘で毎日魚介ぱーりーです!
      初めて魚三枚におろしました。
      はるちゃん召喚したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です