旅する本は世界を巡る

LINEで送る
Pocket

世界には旅をしている本がいる。

海を越え、山を越え、砂漠を越え

いくつもの国境を越え旅を続けている。

旅人の荷物に乗っかって。

そんな旅する本が

最初の人の手に戻ってきた場面に出会いました。

 

 

 

『旅する本』

旅人には本を読む人が多く

文庫本を持って旅している人も多い。

しかし本はかさばるので

読み終わった本は別の旅人と会った時に

交換したりあげたりして

色んな旅人に読まれていく。

そして色んな国を旅するようになるのです。

ロマンです。

旅好き本好きにはたまらんロマンです。

私は現在キンドル派ですが

 

 

今回アルゼンチンのエル・カラファテで会った

旅していた本は

R0013466

『パラドックス13』東野圭吾

Wikipediaであらすじなどを見ると

3月13日13時13分の13秒、ブラックホールの影響で

『P-13』と呼ばれる現象が発生する。

世界が変われば善悪も変わる。

人殺しが善になることもある。

これはそういうお話です。

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか。

などなど書いてあります。

面白そうじゃないかー

 

そしてこの本の元々の持ち主さんからの

メッセージがこちら。

R0013467

これを旅する本にしたのが

スタンプ押してある良平さん。

自転車で世界を旅して約8年の強者。

ちなみに良平さん本好きで

この自転車旅を始めた当初から今までで

323冊の本を里子に出しているという。

まさかの3桁。

 

そのうち再び巡り会えた本は

今回のを入れて3冊目という。

同じ宿に泊まっていた方が良平さんに会い

『チャリダーの方ですか』

『もしよかったらこの本読みませんか』

『あれお名前どこかで聞いたような…』

『あれもしかしてこの本の…!!!』

というびっくりする流れで手元へ。

 

しかし里子に出してから1年と早すぎるし

旅中の本人の元に戻るのもアレなので

私がちゃっかりいただきました。

R0013468

読み終わったら7番目の名前を書きます。

 

良平さんはもうすぐ

最果ての地ウシュアイアへ行き

自転車旅を終え

来年には長野に帰り

数年後に計画しているコーヒー屋さんに

巡り巡って帰ってきた本を置けたらなーと

素敵なことを言っていました。

 

そういうのいいですね。

 

実は私も5年前に何冊か里子に出そうとしましたが

気に入った宿に置いていく

という習性があるため

本、旅しません。

 

今回の旅でも5冊持ってきて

全てアジアの宿に置いてきました。

本、旅しません。

持ち主と似るのかな…

※置いていく時は宿の許可ちゃんと取ります。

 

話が逸れましたが

そんな感じで現在手元に

『パラドックス13』あります。

読むのが楽しみであります。

 

最後に良平さんからのメッセージ。

R0013469

うん、2585日って。

138821キロって。

143カ国って。

あらためてすごいな。

 

この1年で12カ国しか行っていない

へなちょこ旅人からすると

はかりしれない旅なんだろうなと思います。

良平さんのブログはこちら

『地球一蹴、ちゃりんこ世界一周の旅』

ぜひご覧あれ。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉ちゃりだー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「旅する本は世界を巡る」への6件のフィードバック

  1. 良い話だねぇ。パソコン携えるようになってから、文庫持ち歩かなくなったけど、旅先で出会う、普段自分からは読まないタイプの本は、新鮮でいいですよねぇ。

    今夜は餃子パーティーです。ハルさんロスとのトラウマから回復予定です。

    1. 木村さん 
      文庫本久々に読んだらハマりました。やっぱり本は面白い!
      それはそうと餃子パーリーですか!
      私達も汐見荘着いたので魚介パーリーします^^

  2. みっちょんインポッシブル〜!
    こんなに素敵な文章にしてくれてありがとう!
    旅する本がますます世界を旅してくれますように〜✨

    1. おぐさん 
      こちらこそ素敵な瞬間でした〜
      パラドックス13も面白かったし、次は誰が読むのか楽しみですね^^

  3. こんばんは。旅する本シーズン2の絢子です。
    ブログにしていただいてありがとうございます。
    自分が書いたメッセージをこんな形で読めて嬉しく思います。
    初心にかえりました。
    お礼まで。

    1. ayaさん 
      コメントありがとうございます!
      まさかの本の持ち主さんから!
      私も最近マンがばかりでしたが本の面白さに初心にかえりました。
      ありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です