想像を超える絶景【フィッツロイ】

LINEで送る
Pocket

パタゴニアのハイライトとも言える

フィッツロイ行ってきました。

そこで見た景色は想像さえ追いつかないものでした。

帰り道まさ兄が腰をやってしまうまでのお話です。

オチ言ってしまった。

どうぞー

 

 

『燃えるフィッツロイ』と呼ばれる

名物の朝焼けを見に行きました。

Fitzroy_map

※ネットより転載

赤い道を往復。

定番で、考えていたコースは

①夜中3時出発でロストレス湖へ(片道約4時間半)

②朝6時出発でカプリ湖へ(片道約1時間ちょい)

③テントで1泊してロストレス湖へ

③はテントなどのレンタルもお金かかるし

重い荷物でトレッキングが嫌だったので却下。

②で軽いトレッキングと思っていましたが

ノリでもっと上を目指すことになり

①の往復約8時間のトレッキングになりました。

 

夜中3時に出発すると

前日が満月だったこともあり

とても明るくてびっくり。

ヘッドライトはないと不安ですが

山肌や木々が月の光に照らされているので

ものすごい綺麗でした。

明るさのためか道は分かりやすかったです。

昼間であればまず迷いません。

 

途中からフィッツロイが見えてくるのですが

月明かりに照らされたフィッツロイ様は

ここ最近みた景色でもトップレベルの美しさ。

先を急がないと、という思いと

どうせ三脚もってきてないし、という思いで

撮影をしなかったのが悔やまれます。

ファンタジーや童話の世界で

魔王の住む山へ向かっているかのよう。

景色が素晴らしすぎて

クライマーズハイになっていました。

 

そのためか途中までハイペースになってしまい

休憩で時間をつぶすことに。

早めに目的地の湖に着いてしまうと

寒さの中凍えることになってしまいます。

がしかし寒い。

無理。

寒くて休憩無理。

ということで遅いペースで歩き出します。

 

そして最後1時間の上り坂。

ここがとてもしんどいと聞いていたので

1時間半かけてゆっくり登りました。

結果そこまで疲れずいいタイミングで

ロストレス湖まで到着です。

 

湖へ着くと夜明け前でしたが

すでにフィッツロイ様はうっすら赤く

R0013126

 

周辺の山々も明るくなってきました。

R0013135

 

 夜が明けると

山が燃え始めました。

R0013153

上からどんどん赤くなっていき

R0013195

真っ赤に燃えています。

こんな美しいものを久しぶりに見ました。

R0013192

周辺の山々もとても綺麗。

R0013193

こんな素晴らしい景色を前にして

思ったのです。

 

ああ。。。

 

カメラのワイコンレンズ忘れた。

 

どうしてこのタイミングで宿に忘れたのか。

天気が大当たりだっただけに

いろいろ悔やまれます。

忘れたものは仕方ないので

持ってきたパンで朝ごはんにし

下山開始。

 

そして

下山開始直後10分ぐらいで

まさ兄の腰がイッてしまいました。

ぎっくり一歩手前です。

 

どうしてこのタイミングでやってしまったのか。

登りが調子良かっただけに

いろいろ悔やまれます。

やってしまったものは仕方ないので

ゆっくり下るようにして

下山再開。

 

上のほうは雪も残っています。

R0013198

 

途中、尾瀬みたいな湿原もあって素敵。

R0013234

 

近くからのフィッツロイも良かったけど

R0013238

引きでのフィッツロイもいい。

 

日本のみなさーん。

R0013230

軽く地球の裏側に呼びかけてみます。

 

R0013241

カプリ湖まで戻ってきたので

ここからは後1時間ぐらいです。

まさ兄は一度休むと

1人では立ち上がれなくなっていましたが

もうちょっとなので頑張ってもらいます。

 

帰り道も綺麗な景色だらけでしたが

R0013245

まさ兄には苦難の道のりでありました。

いろんな可能性を考えます。

ヘリコプター(破産)

ロープウェイ(あったら使っている)

おんぶ(共倒れ)

町に戻るころには

左足が上がらなくなっていましたが

なんとか到着。

 

満身創痍でエル・チャルテンもう一泊と

延長したのでありました。

 

そしてこの後

エル・カラファテへ戻る

という謎の行動に出たのであります。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しっつろい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「想像を超える絶景【フィッツロイ】」への4件のフィードバック

  1. いやぁ、読み応えありました。本当に綺麗ですよね、フィッツロイ。更に貴女様の日本への呼びかけ姿勢は、往年の中森明菜の振り付けのようで、フィッツロイの素敵さとあいまって、とってもファンタジックです。

    腰、お大事に、、、、。そうなんですよね、下りは腰や膝に負担がかかりやすく、僕もパイネ下りで膝を痛めかけました。が、膝が死ぬ直前の兆候をいち早く察知し、事なきを得ました。
    今回も腰が往ってしまう直前にその兆候があったはずなので、それをじっくり覚えておくべきです。すると次回その兆候が訪れた際に、直前ゴマカシ対策が取れるからです。お大事に!!!

    1. 木村さん
      ありがとうございます。 
      ファンタジックいただきましたー。
      呼びかけのポーズは『何なのそれ』と言われながらムリヤリ腰が痛むまささんに撮ってもらいました。
      とにかく22時間のバス移動に耐えられる腰になるまで休養です!!

  2. フィッツロイ最高でした!呼びかけも最高でした!USAの方角にもよろしくお願いします(笑):)

    1. Yorkさん 
      ありがとうございます!
      USAの方向にし忘れた…!
      大陸同じなのでいずれまたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です