パラグアイからイグアスの滝へ【ブラジル側】

LINEで送る
Pocket

世界三大瀑布であるイグアスの滝

ブラジル側に行ってきました。

日帰りでブラジル行けるなんて素敵。

今回は行きかた書きます。

 

 

ブラジル、アルゼンチンにまたがる

イグアスの滝はパラグアイから

日帰りでも行ける距離です。

 

アルゼンチン側だと見所が多く点在し

有名な『悪魔の喉笛』にも行けます。

ブラジル側だと見所がコンパクトにまとまり

全景も見れ観光に時間がかからない。

ということでゆったりブラジル側に決めました。

ボートツアーなどはどちらからでも行けるようです。

 

時間があるなら両方。

観光に比重を置いて楽しみたい人は

アルゼンチン側と言われています。

 

出発地点はパラグアイの民宿小林から。

宿の人たち6人でわいわい。

おにぎり作ったり遠足気分です。

◯宿→シウダー・デル・エステ(パラグアイ国境の町)

→フォス・ド・イグアス(ブラジル国境の町)→滝

乗り換えピンクの①と②の2回あります。

スクリーンショット 2016-02-29 13.11.39のコピー

 

朝5時出発。

宿近くのバス停でバスをつかまえ出発。

30分ぐらいあればつかまります。

◯小林→シウダー・デル・エステ(約1時間半)

ローカルバスで10000₲(約200円)

でかめのバスで15000₲(約300円)

※高いバスは乗り心地がよく着くの早い。

◯シウダー・デル・エステのバス停→

フォス・ド・イグアスのバス停(約30分)

5レアル(約142円)か8500₲(約170円)

バスで国境越え。

日帰りなのでビザもスタンプも要りません。

バスに乗り続けていればいつの間にか入国です。

スクリーンショット 2016-02-29 14.44.56のコピー

ブラジルビザは事前に申請しないと取れません。

ビザを持っていてスタンプが必要な人は

まずシウダー・デル・エステのバス停まで行かず

手前で降ります。

川へ向かって歩きパラグアイの出国審査。

友情の橋という国境の橋を渡り

ブラジルの入国審査。

周辺の道路でバスを拾い

フォス・ド・イグアスのバス停まで。

徒歩2キロという感じです。

徒歩が嫌な人はシウダー・デル・エステから

フォス・ド・イグアスまでのチケットを買い、

国境で降りる説明をして

バスチケットをもらいます。

するとブラジル入国後に

同じバス会社ならチケット見せてバス停まで乗れます。

※チケットを渡されない場合もあるようですが。

パラグアイ→ブラジルの国境の橋は

500Mぐらいなので歩いて行けます。

 

◯フォス・ド・イグアスバス停→

イグアスの滝の入り口(約40分)

3.5レアル(約100円)

ここまで来れば観光客だらけです。

DSC_0673

イグアスの滝のゲートへ到着!

綺麗で荷物預けるロッカーもあります。

入場料57.3レアル(約1633円)

いざイグアスの滝へ!

DSC_0676

 

 

ちなみにシウダー・デル・エステの町は

午後4時ぐらいにはほとんどの店が閉まり

とても危険になるので

町歩きやショッピングは午前中がいいです。

パラグアイの秋葉原と言われ

電化製品天国で新製品も多数。

日本のネットで買うぐらいの値段で

手に入るらしいです。

国境付近は両替屋が並び

かなりいいレートで両替できます。

時間がなくバスターミナルで両替しましたが

それでも損が出ないくらいお得レートでした。

 

 

ということで今回は情報羅列系ブログなので

滝でカメラが壊れた話は次回へ続きます。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉シウダー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です