民宿小林のススメ【パラグアイ】

LINEで送る
Pocket

パラグアイって何がある?

と言われたら

『民宿小林』があるよ!

と言える場所。

南米のオアシスのご紹介です。

 

 

地球の裏側にあるパラグアイ。

周辺にある国は

ブラジル・アルゼンチン・ボリビアと

旅行者に人気の国々で

パラグアイって何もないんじゃ?

と思っていました。

しかし南米にいながら

ここまで癒される場所はないと確信。

パラグアイの首都アスンシオンから約300キロ。

イグアス居住区という

多くの日系移民が住む場所があります。

 

その町から10キロほど離れた場所にあるのが

『民宿小林』

南米で出会う旅人が絶賛する宿ということで

期待を高めてやってきましたが

期待以上の場所でした。

周辺は赤土と緑の大自然。

清潔な部屋と水回り。

毎日の綺麗すぎる夕日。

日が落ちるとホタル。

夜は満天の星空。

お母さんの最高に美味しいご飯。

可愛すぎる犬と猫と

時々乗せてもらえる馬。

お父さんの車で町へ連れて行ってもらい

農協やスーパーで手に入る日本食。

夏休みに日本の田舎に遊びに来たように

のんびりゆったり過ごせます。

 

【行き方】

image1のコピー

◯アスンシオンからバスで5時間半

ボリビア側から来るとアスンシオン経由です。

『アスンシオンからの民宿小林』でも書きましたが

『Crucero del Este』などでCiudad del Este行き

5:30/8:40/11:40/12:20/12:40/

15:00/18:00/21:00/22:00/22:30

60000₲(約1200円)

8:40発→小林14:15着でした。

『Km53地点』という

地名ではなくキロ地点で止まります。

Km53はシウダー・デル・エステからの距離で

アスンシオンからはKm273地点です。

乗車の時、乗務員の人にKm53で降りると伝え

近くなったら再び伝えるといいです。

道路沿い数キロごとに何キロ地点かの目印あります。

Km53地点のSOS看板側の赤い道を

5分〜10分ほど歩くと小林到着です。

 

◯エンカルナシオンからバスで5・6時間

シウダー・デル・エステ行きのバスに乗り

30キロ地点で下車。

エアコンなしボロバスで45000₲(約900円)

乗り換え。

アスンシオン方面のローカルバスで(オレアリ行き)

Km53地点で下車。

 

◯シウダー・デル・エステからバスで1・2時間

アスンシオン方面のバスに乗車。

大きめバスで15000₲(約300円)

路上でローカルバスに乗ると10000₲(約200円)

ローカルバスは停車頻度が多くスピードも遅いので

バスターミナルからの乗車がおすすめです。

 

【設備】

新館旧館とありますが繋がっています。

お部屋によって設備は変わりますが

基本的に綺麗で個室が多いです。

DSC_0247

フリースペースものんびりできて

広いキッチンもあるので旅人に嬉しい。

冷蔵庫、レンジ、炊飯器、鍋や食器など

キッチンツールがたくさんあります。

ただお母さんのご飯が何を食べても

美味しすぎるので

自炊はほとんどせず

夕飯は作ってもらってました。(有料)

ものすごい量でモリモリ食べられます。

お水も井戸水をひいているので

水道水が飲めます。

Wi-Fiは場所によって弱いところもあります。

屋上にはジャグジー付露天風呂があり(有料)

夕暮れや星空を見ながら入れます。

 

 

【周辺】

民宿小林はイグアス居住区から離れているので

周辺は大自然です。

DSC_0158

緑が美しく

DSC_0190

夕焼けが美しく

R0012362

星空が美しい。

DSC_0141

近くの池で釣りもできます。

町へ行きたい時は小林のお父さんが

車で送ってくれます。

がんばってイグアスの滝まで日帰りでも行けます。

 

【予約】

タイミングによっては満室になるので

予約をするのがベストです。

民宿小林HP

アドレス:kobayashi53km@hotmail.co.jp

電話:(国際番号595)0983-602-561

予約を担当しているお母さんが

お仕事をしていて忙しく

メールの確認に時間がかかる場合があります。

7〜10日ぐらいは余裕をみて連絡か、

電話で連絡するのがおすすめです。

 

 

【いろいろ】

私達がやったこと行った場所などは

居住区の農協やスーパー(日本食多数)

『動物園』と呼ばれる小林さん知人宅

(カピバラやハナグマやダチョウなどがいました。)

image

お坊さんのお家に行って話を聞いたり

お坊さんが来てすき焼きやったり

(話を聞いたのは他の人たちでしたが)

釣り(ハマった人は毎日のように行きます。)

イグアスの滝(最大の遠出でした)

DSC_0735

餅つき(早起きでお手伝い)

DSC_0212

お散歩(ワンコ達が着いてきてくれます)

DSC_0411

タロザップ(旅人指導でエクササイズ)

DSC_0575

屋上の露天風呂(最高すぎる)

トランプゲーム(ほぼ毎日)

天体観測(ほぼ毎日)

R0012296

犬猫との戯れ(毎日必ず)

DSC_0384

お母さんに見てもらった姓名判断と手相が

とてもズコンときました。

本当に当たるのでちょい怖いですが

時間のある方はぜひ。

 

この民宿小林。

お母さんとお父さんがとても優しくて

居心地が良すぎて

なかなか出発できない旅人が多数。

ホスピタリティが素晴らしく

素晴らしすぎて採算とれてない。。

心配であります。

でも遠い未来にやりたいなと思っている

ゲストハウスの理想のかたちです。

 

南米長期旅で疲れたら

パラグアイで癒やしの宿が待っています。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「民宿小林のススメ【パラグアイ】」への4件のフィードバック

    1. 木村さん 
      出発後のバスの中で小林の夢を見てちょっと泣きそうになりました(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です