答えなど見つけられないボリビア→パラグアイ

LINEで送る
Pocket

南米一過酷といわれる

ボリビア・サンタクルスから

パラグアイ・アスンシオンの移動しました。

過酷とは思いませんでしたが

32時間かかりました。

おしりがランブータンだぜ。

 

 

サンタクルス19時発

アスンシオン翌16時着

70$ 夕・朝・昼食付

トランスボリパル社のバス(ボロ)

客引きのおじさんは75$と言ってきます。

70$としっかり書いてあるじゃんと言うと

『それはあれだよあれ…』

みたいな感じで案内料的に請求されます。

バスターミナル入って一番左奥に

カウンターあるので直接行きましょう。

 

ステルツーリズモ社のバスのほうが

いいバスになることが多いようです。

その間のバス会社だとアルゼンチン側の国境へ

連れて行かれ翌々日の到着になった人もいるとか。

 

バス会社では20時間ほどといわれますが

実際は早い人で翌20時着

平均して23時〜1時着

たまに翌々日の夕方着の人もいるとか。

 

私たちは翌々日、夜中の3時着でした。

 

18時頃バスターミナルへ着くと(右側の印)

image

前日に騒いだためか顔を覚えられていて

『今日は行けるよ!』

と親指をたてられました。

そしてなぜかパラグアイ行きの人をまとめて

バスターミナルの外へ出てタクシーに。

 

そして近くの路上で降ろされ15B(約255円)を請求。

一緒に乗っていたボリビア人はすいっと

どこかへ消えてしまいました。

バス会社の人も最初は10B(約170円)と言っていたけれど

50B(約850円)札しかなくそれで払うと

15B(約255円)ボリだよ!払ってね!とお金よこさず。

モメる気力もなくそのままに。

最後までボリビアを堪能しました。

 

そしてバスは期待通りのボロバス。

image

南米の快適バスに慣れてしまっていたので

一気にアジアに引き戻されました。

 

なんと19時15分に出発。

15分しか遅れないなんて幸先良いな〜

とのんきに思っていましたが

その後バスはサンタクルス郊外でなぜかストップ。

もう1台のバスと揉めてる。

30分ぐらい話あってる。。。

そして動き出したと思ったら

サンタクルス戻ってました。

ここで選択肢は3つ

①道を間違えた。

②道が封鎖で今日もボリビア出られない。

③乗車率が低いので遅い便のバスの乗客を乗せる。

もう②でなければ何でもいいと思いながら

町から今度は違う道へ進みます。

①だ!!

きっと①だよかった!!

と安心したのもつかの間、その別の道でも

ストップ→モメる→戻る

を繰り返したのです。

また町へ戻っていく絶望。

やっぱり②だ。。。

もうボリビアから出られないんだ。。

と思ったら再び別の道へ。

もう何なんだ。

そしてやっと22時ごろサンタクルスの町から

離れることに成功。

その3時間は何だったんだ。

どこにも答えは見つかりませんでした。

 

そんな感じで朝8時ごろ国境へ。

出国スタンプが嬉しい。

パラグアイの国境まで8時間ぐらいと走ると

聞いていましたが1時間ぐらいで入国。

なぜ???

どこにも答えは見つかりません。

 

夜は寒かったバスも昼間は灼熱です。

ボリビアを出たことで気持ちは上々でしたが

パラグアイ入ってからが長かった。

ボコボコ道なのでスピードが出ず

数時間経っても全然進みません。

そしてパラグアイの警察による

荷物チェックも何度かあり

どんどん無駄な時間は積み重なり

日が落ちる頃にまだ300キロ以上ある

目を背けたい現実が待っていました。

 

ここではもう答えは出ています。

深夜着になる。

諦めて無になっていましたが

R0012198

車窓の景色が綺麗で

暗くなると天の川が見え

入道雲の中では雷がなっていました。

目的地には着かないけれど

なんとなくパラグアイ好きになっていました。

 

そんな感じで夜中3時にバスターミナル

image

ではなく

バスターミナル近くの路上におろされました。

最後まで答えの出ないバスでした。

 

ただバスの故障や事故もなく

思っていたより全然過酷ではなかったです。

インド・レーへの道のほうが

はるかに過酷でした。

行ってないですがアフリカのバスなどは

さらに過酷だと思います。

 

現在は久々の日本人宿に緊張も緩み

部屋でだらっだらして日本食食べる予定です。

幸せ。

アスンシオン何も見ていないけど

もうパラグアイ好きです。

幸せ。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しあわせ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「答えなど見つけられないボリビア→パラグアイ」への4件のフィードバック

  1. 良かった、無事について良かった。最後のほうは涙なしでは読めない感じでした。世の中、答えのないことが多いですね。

    1. 木村さん 
      ボリビア大脱走編お読みいただきありがとうございます。
      現在ボリビア国内はデモでバス移動出来ない可能性があるとか。危なかったです!

  2. このところ災難続きですね。ブログを読んでいるこちらまで何だか疲れます。

    1. まさじいさん 
      ウユニを出てから落ち続けていました。
      小さなことにも落ちてしまい日本に帰りたいとずっと思っていましたが、今は気持ちが戻ってきています。読んでいて疲れないように楽しいことが増えるといいなと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です