衝撃的すぎるペルーのクリスマス!

LINEで送る
Pocket

ペルーでのんびりクリスマスの予定でした。

しかしながら

これほどまでに凄まじいクリスマスとは

全く予想していませんでした。

なぜガイドブックに載らないのか不思議です。

 

 

ペルーはアレキパの

サンドラの家という

ホームステイタイプの宿で

クリスマス・年末年始を過ごします。

 

サンドラの家は日本人の好きな

サンドラママが朝夕とご飯を作ってくれて

かなり居心地のいいお宿です。

 

そしてクリスマスはもちろんのごちそう。

数日前から準備はしていましたが

当日は朝から買い出しへ行くというので

どローカルな市場へついていきました。

R0000009

お肉、七面鳥はこの時期のメインです。

 

 

R0000011

日よけのキャベツが斬新。

 

家へ帰ると料理が始まり

洗い物する、混ぜる、見てる

くらいしか手伝えることがなかったですが

どんどん料理が出来ていきます。

DSC_9222

サラダのマヨネーズも手作り。

油もナチュラルらしい。

 

DSC_9223

イモを煮詰めた甘いすいーつ

 

DSC_9224 

サラダとかサラダとか凝った料理たち。

 

 

DSC_9229

ポテサラも美味しい。

 

DSC_9235

そして問題の七面鳥。

劇的な美味さ。

『うまあー!!』

叫んだ。

 

 ペルーでは24日から25日に変わる時

家の屋上で皆がお祝いの花火を上げるということで

11時くらいからフライングで

その辺から花火の音はしていましたが

12時に近づくにつれて

だんだん規模が大きくなってきます。

 

そして

DSC_9276

そろそろ12時だと思ったら

DSC_9278

おおお。。。

DSC_9279

おおおお。。。

DSC_9281

町が凄いことになってきました。

 

DSC_9283

四方八方から花火が!

 

DSC_9292

各家庭の火薬保持量がおかしい。

空爆かと思うくらいの爆音。

DSC_9297

 

こんなに感動するとは思いませんでした。

DSC_9301

いつも写真を撮る時

実際より綺麗に、記憶のイメージ

理想のイメージにしようとするのですが

これは間違いなく実際に見たほうが凄いです。

 

キリスト教徒の多いペルーで

キリスト様の誕生日を祝うという

お祈りの気持ちも感じる光景でした。

 

DSC_9304

花火の興奮冷めやらぬまま

お祈りの歌を歌いあかりを灯しました。

翌日赤ちゃんのキリスト人形が

追加されていました。

 

建前上は仏教徒とはいえ

何も信仰していないのに

ほっこり暖かい気持ちになりました。

 

 

にしてもペルー中で花火が上がっていると思うと

来年もペルーに来ようかなと思ってしまいます。

クスコも凄かったんだろうなとしみじみ。

 

ペルーがこんなに凄いクリスマスだとは

全く知りませんでした。

 

激しくおすすめのペルーのクリスマスです。

 

そしてニューイヤーでも花火上がるらしいです。 

まだ間に合う方!

今すぐペルーへ! 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です