リマからワラスへ快適バスの旅

LINEで送る
Pocket

現在ペルーのワラス。

到着した数日後に雨期がやってきたようです。

タイミング悪いな、というより

ワラスの皆様すいません。

雨を連れてきた。。。

 

 

ペルーの首都リマから

ワラスへはバスで行きました。

インドのラダックで一緒にパンゴンツォに行った

イケメンTKのオススメで

DSC_4151

『ラダックの景色が好きならワラスがいいよ』

ということでワラスを目指します。

 

リマからワラスはバス会社がたくさん出ていて

“BUSPORTAL”というサイトから

場所と日にちを選ぶと

色んなバス会社から選べます。

安いチケットもたまにあるので

日にちが決まってたら早めに探すといいです。

私は前日に予約しましたが

空きは多かったです。

当日バスターミナルで予約でもいけそうでした。

 

ワラス行きのバスターミナルは

“PLAZA NORTE”という場所から。

バスの駅みたいな場所は綺麗だし

時間が余ってる人はすぐ横の

大きなショッピングモールで遊べます。

リマは渋滞が怖いので早めの到着がおすすめ。

 

スペイン語が話せず

英語もいまいちな私は

ネット様のお力を借りながら

“OLTURSA”という大手のバスを予約。

パスポートチェックしたりと、だいぶしっかり。

安心安全の大手でキマリです。

リマ13:15発・20:15着ワラス・16$

予約した画面をプリントしてカウンターへ。

優しい対応と笑顔にとろけながら

荷物を預け、チケットを発行。

R0011331

手荷物検査を受け、バス発着所に降ります。

なぜか5ソル(188円)取られましたが

謎が解けないまま乗車。

 

R0011334

日曜だった為か30分遅れでバスが到着。

昼便や土日は渋滞にひっかかる場合があるようです。

ていうかバス激綺麗です。

R0011337

毛布と枕がついてアテンドさんがいる。

出発後飲み物が配られ

その後ご飯も出ました。

R0011339

しかも美味しい。

ご飯に期待せずバーガー食べたのが悔やまれます。

いや、ご飯も食べましたが。

これが2階の通常クラスの席で

1階のVIPは更に広くリクライニングもよく

個人モニターがついてるらしいです。

飛行機のビジネスレベル。

 

そして昼便にしたのは景色を見たかったから。

海あり山ありの風景と聞いていたので

地図を見てなんとなく左側の席を選択。

R0011348

これは正解。

景色よい〜。

R0011365

席が空いてれば昼便は2階の一番前が

景色よすぎなのでおすすめです。

砂の絶壁をぐんぐん上ります。

道沿いには十字架がたくさんあって

恐怖をあおります。

R0011345

ちょ、こわいこわいこわい。

 

リマが時期的にいつも天気悪いので

写真もダークな感じになりますが

わりかしダークサイドも好きです。

R0011351

 

バスではずっと映画を上映。

何言ってるかわからんけど

いつもこういうの観てしまう。

そして面白かったです。

 

そして夕方17時頃、やっと山道っぽくなり

DSC_6160

夕日に照らされる山々が登場。

なんか空気も綺麗になってきた。

 

ワラスは3000mにあるので

高山病に注意して水分をがばがばです。

今回も高山病VS膀胱炎を考えましたが

なんとバスにトイレついてます。

しかも綺麗。紙付き。

トイレの心配がないバスは最高です。

 

そして高山病を心配してましたが

なぜかバス酔いしてワラスへ到着。

夜21時くらいの到着でしたが

街に人がたくさんいて

家族連れも多く

リマがなんだったのかと思うくらい

治安がよさそう。

 

宿の場所が微妙にわからなかったので

群がってきたタクシーに乗って行きました。

とても近かったけど5ソル(188円)

値切ってないので交渉の余地あり。

ワラス内はタクシー一律2ソル(75円)らしいです。

 

夜到着に不安はありましたが

大丈夫そうでほっとしました。

ただ大通り沿いしか歩いてないのと

ペルーの夜なので

夜到着か朝到着かは自己判断です。

 

朝到着は早く着きすぎることが多く

まだ暗いうちに着くらしいですが

OLTURSAとかクルスデルソルとか

バス会社独自のバス停があれば

明るくなるまで待って宿探しでもいいかもです。

 

 

ワラス全く観光してないですがいいところです。

そろそろ高度順応もいい感じなので

トレッキング行きたいな〜と

ざっくり考えております。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しいどう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です