片道航空券でペルーへ入国

LINEで送る
Pocket

ペルーへ片道航空券で入国。

この情報を調べると

出国チケットを取らないと

入国すら出来ないという情報が多数。

不安だらけの移動がはじまりました。

 

 

南米ペルー。

日本パスポートはビザなしで183日滞在可。

2015年9月現在、黄熱病などの予防接種は不要。

スペイン語。

時差ー14時間。

マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖

などが有名。

 

そして入国の時にペルー出国チケットを持っていないと

入国出来ないとか

飛行機乗せてもらえないとか

その場でチケット取らされるとか

そんな情報をよく耳にしていました。

 

期間を決めないで周遊する人は多いだろうに

みんなどうしているんだ。

 

バスの安いチケットだけ取っておくか

安い航空券取っておくか

地球の歩き方に書いてあるみたいに

今後の計画予定表を作っておくか。。。

 

調べたところで引っかかる人も

大丈夫な人もいるので

とりあえず片道チケットだけで突撃しました。

結果。

あっさりスルーでした。

 

見た目を小綺麗にして

来年の2月までの仮ルート作って

このバス会社で移動するよとか、

こういう旅だよとか、

スペイン語で説明できるように

メモ帳に書きまくっていたのに

全スルーでした。

ちょっと寂しいじゃないか。

 

スペイン・マドリードの空港から

エア・ヨーロッパ直行便でリマの空港へ。

という入国方法も良かったのかも。

陸路だったり経由地があったり

航空会社が別だったらまた違ったのかな。

エア・ヨーロッパは片道チケットでも

『YOU 乗っちゃいなよ』

な感じと聞いてましたが

質問すらされずスペイン出国。

滞在期間だけ聞かれペルー入国。

審査の人は日本のパスポートを見ると

『コンニチハ』と笑顔。

逆にいいの?

入国するよ?

いいの?

という感じでした。

 

スペインに行く時の方が

スペイン出国チケットの確認とか

どういう旅なんだとか

ペルーで何するんだとか

いつ日本に帰るのかとか

厳しくチェックされました。

 

 

ただ、あくまで私の場合なので

帰国や次の国の予定が決まってれば

チケットを取っておいた方が安心かと思います。

 

さて現在はペルーの首都リマ。

今の時期は霧が多く太陽がほとんど見えません。

早く標高の高い場所へ、と思いつつ

宿の居心地良すぎて延泊決定。

10月から北上してワラスに行くか

マチュピチュへ向かうか絶賛悩み中。

 

宿の犬と遊びながら熟考します。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックで応援して頂けると嬉しゅっこくです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です