終わらない風の場所

LINEで送る
Pocket

長州力がオールナイトニッポン

というニュースがツボにはまり

しばらく笑い続けた今日このごろ。

さてさてチベットの話です。

 

 

前回の『世界の果てへ行こう』の続きです。

 

ラサの標高に順応した後は

いよいよ聖なる湖に出発です。

 

ラサを出ると景色が変わっていきます。

来る時に列車の中から見たような景色を

今度は車の車窓から眺めてました。

 

道がガタガタで揺れる車の

一番後ろに座っていたので

段差を越える度に

『後輪にも愛を』

とつぶやきます。

 

愛をください状態で

たどり着いた湖は

空の色を吸い取ったかのような

美しい青!

DSC_0145

牛の化け物みたいな

ヤクという動物に乗って

奥へと進みます。

Exif_JPEG_PICTURE

標高4700mにある

天空の湖ナムツォ

 

近くの丘の上にタルチョが見えたので

登ってみた。

Exif_JPEG_PICTURE

ここは

23610809_1652750628_129large

ここは多分あの場所だ

Exif_JPEG_PICTURE

吹き続ける風の中

タルチョがはためいてる

チベットに憧れたきっかけになった

誰かの写真はこの場所だ

23610809_1652750563_119large

ただ静かに感動していた。

くらくらして少し泣いてた。

 

もう少し突き詰めていうと

風の強い寒い場所でカメラに夢中になると

瞬きを忘れひどく乾燥して

涙が出てきます。

標高も高いので頭はくらくらです。

涙に関してはそういうことです。

 

ただこの場所のインパクトは強く

翌日行ったヤムドク湖は

DSC_0153

綺麗だったけど印象が薄くなってしまった。

 

この旅を思い出すと今でも

ナムツォ湖の強い風で

はためくタルチョの中を歩いた時の

静かな感動が戻ります。

 

 

チベットの旅はそれで終わり。

 

一緒に行った日本人の旅人達は

チベット側からエベレストBCへ行き

ネパールへ抜けていきました。

 

この時は本当に

仕事なんかほったらかして一緒に行きたい!

という誘惑に揺れる想いでしたが

理性と道徳心で抑えました。

 

帰りの寝台列車も満喫して

成都ではパンダをスルーして帰りました。

 

 

時は流れて現在。

チベットに親しい

ラダックのパンゴン湖という場所へ行き

チベット圏であるダラムサラで過ごしています。

不思議。

 

そして今、世界の果ては

東チベットの

ラルンガルゴンパです。

この場所を目指すのも

そう遠くない未来な気がします。

DSC_0097

 

と、

 こんなブログを書きながらも

現在パスタとかパエリアとか食べたくて

スペインに飛ぼうとしています。

来月はスペインかな。

トマティーナ?

いつも通りイベントはスルーです。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉ティーナ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

「終わらない風の場所」への2件のフィードバック

  1. わー もう最終章がきたっ!ラルンガルゴンパって色達だよね?3年前行こうとして、ちょうど「島」でCとJが争っているときに行ったから、途中の東チベットの街、マールカンってところでバスのチケット売ってもらえなかった悲しい思い出w
    Cにいる間に行来たいと思っている場所の一つ。
    それにしても、今、元、驚異的に高いよ!

    1. hirameちゃん 
      色達だよ^^行こうとしてたんだ!行きたい!行きたいよー!
      って元そんなに高いのか…苦悶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です