ラオスで崖崩れ

LINEで送る
Pocket

ラオスのビエンチャンから

ルアンパバーンへバスで移動した時のこと。

 

旅で移動中のトラブルはデフォルトになっている気がします。

 

朝出て夕方着く予定のバスで出発しました。

今度のバスはトイレついてて安心です。

 

ラオスの自然に癒されながら

エンジントラブルで止まったりしながら

ガードレールのない山道を

谷に落ちたら死ぬなあ・・・

とか考えながら

順調にバスは進みます。

 

しかし、ルアンパバーンまであと3時間のところで

急に渋滞し動かなくなりました。

他のバスや車の人達も何だ何だ?

という感じで先頭のほうへ見にいってました。

 

崖崩れでした。

 

数十メートルおきに崖崩れの跡があり

道路のヒビ割れも気になってましたが

ここでは完全に車が通れなくなってました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

が、人1人通れるくらいの隙間があり

バイクで無理やり通る強者もおりました。

 

危ないよ!!(゜Д゜)

 

そしてなぜか崖崩れとの記念撮影がはじまります。

 

なんで!?(゜Д゜)

 

私も同じバスに乗っていた外国人に

「撮ってあげる!」

と言われ1枚パチリ。

 

何コレ(゜Д゜)

 

そして通れるようになったのが夜10時。

暗闇の中、谷底に落ちないよう

運転手に祈りながらルアンパバーンに着いたのが

夜中の2時です。

 

夜中ということもあり

宿は全てクローズ。

仕方なく雰囲気のいい宿の前で

 

野宿を決行です。

 

しかし、しばらくすると手ぶらの西洋人が

目の前を通りすぎていきました。

慌てて追いかけ何気ない感じで

宿の敷地内へ入ることに成功しました!

 

屋根がある場所で眠れるって幸せですね! 

 

 

自分でやらかしたのも含め

バスでのトラブルがあまりに多いので

バストラブルのカテゴリーでも作ろうか検討中です。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です